風邪をひきにくくする食事

風邪には、まず人参が良いと聞きます。特に、皮と身の間の部分に栄養が集まっているそうなので、人参はなるべく有機栽培のものを買って皮ごと食べるようにしています。皮ごと料理に入れても、小さい子でも嫌がらずに食べられます。

カレーや肉じゃが、焼きそばなどに入れるのは勿論のこと、ポタージュにすると大量の人参を摂取することができます。

次に、牛蒡も良いです。私は牛蒡の種を乾燥させた「牛蒡子」というものを煎じて、お茶がわりに飲むようにしています。煎じ方は、小鍋にひとつかみの牛蒡子と500mlほどの水を入れ、5〜7分位弱火で煮ます。強火でグツグツ煮てしまうと苦味が出て飲みにくくなります。

牛蒡子のお茶を飲んでいる日は体がぽかぽかと暖かく、腸内環境が整うのか便通が良くなります。

次に、レンコンです。レンコンは、そのまま料理に使ってもとても美味しいですが、「れんこん湯」という水飴のような健康食品も良いです。風邪のひき始めで喉に違和感がある時にこのれんこん湯をスプーン一杯舐めると次の日にはすっかり快調になっていたことがありました。

あとは、オーソドックスですが、しょうがです。しょうがをパウダー状にしたものがとても使いやすいです。様々な料理や飲み物に簡単にふりかけることができますし、繊維を気にせず摂ることができる点も気に入っています。