BBクリームから進化して今ではEEクリームに

当初は韓国コスメとして、口コミで広がっていったBBクリームですが、現在はCCクリーム、DDクリーム、さらにはEEクリームまで誕生しています。

(余談ですが、このシリーズとしてのAAクリームというのはありません、ただメイカーでそういった名称の商品を出している箇所はあるみたいです)

BBクリームは、リキッドファンデーション的要素が強かったのに対し、CCクリームは下地的要素の強いクリームで、透明感が強くナチュラルな印象があります。

そして次に登場したDDクリーム。

こちらは韓国が発生ではなく、アメリカが研究開発をしたクリームです。

CCが少し透明感がある印象になったのに対し、以前のBBクリームのように、これ一本でファンデーションの役割を果たしてくれるという役割に戻り、更に保湿効果などのお肌に優しい条件が加えられました。

そして最後に、最近発売されるようになったEEクリームなのですが、こちらはDDクリームの持つ多くの成分に加え、お肌を活性化させるアンチエイジングの作用まで持つようになりました。

それぞれお価格にも幅がありますし、自分の目的にあったクリームを併用して利用することで、時短メイクに役立ててみるといいでしょう。